/

この記事は会員限定です

オミクロン拡散力、デルタの3倍 南ア「入院必要」2%台

106カ国で確認

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」が南アフリカで確認されて1カ月。世界で急速に感染を広げる一方、死者数は抑えられており、重症化率が低い傾向が鮮明になってきた。南アでは感染者数が減少に転じ、早くもピークアウトしたとの見方もある。ただ感染者の多発による人手不足が医療の逼迫を招く懸念があり、各国は警戒を強めている。(関連記事総合3面に)

オミクロン型は11月25日に南アが確認を発表、翌26日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン