/

この記事は会員限定です

春季交渉機に停滞の課題分析

女性の賃上げ、糸口に

[有料会員限定]

春の賃上げに向け年明けから労使の議論が本格化する。政府は3%超の引き上げを事実上要請したが、もっと目を向けるべきなのが女性の賃金の底上げだ。給与が低めの分野で働く例が多く、その就業拡大が日本の賃金低迷の主因との分析がある。女性の賃上げが現状打開の糸口になる。

総務省の労働力調査は働く女性の急増を鮮明に映す。新型コロナウイルス禍が広がる前の2019年と00年を比較してみよう。25~64歳の女性の就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン