/

この記事は会員限定です

作り手見える福島産電気

二本松の農家、営農型太陽光で再起 ブドウと「二毛作」家庭直送

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故で放射線被害を受けた福島県二本松市で11月、本格的な営農型太陽光発電所が竣工した。一度営農を断念した生産者が、生協などと協働して立ち上げた発電会社が生み出す電気は、農作物とともに顔の見える「二毛作」の生産物として直接消費者に届く仕組みを目指す。

安達太良山を望む二本松市笹屋。高さ約3メートルの支柱に支えられた太陽光発電パネル約9500枚が6.8ヘクタールの農地上に張られ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン