/

この記事は会員限定です

東京海上、デジタル通貨で貿易決済

最大1カ月が即時に

[有料会員限定]

東京海上日動火災保険はデジタル通貨を使った貿易決済(総合2面きょうのことば)支援に乗り出す。米ドルに連動した暗号資産(仮想通貨)や電子化した船荷証券を使い、貿易代金のやりとりを即時にできる仕組みをつくる。従来は最大で1カ月ほど要していた。決済コストも3分の1に下がる。デジタル通貨を活用して業務効率を高める動きが産業界に広がってきた。

NTTデータやブロックチェーン(分散型台帳)技術に強みのあるス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン