/

この記事は会員限定です

ビル防火規制、実態とズレ

古い建物、適用の対象外 大阪ビル放火 被害拡大の指摘も

[有料会員限定]

25人が死亡した大阪・北新地のビル放火殺人事件は、古い雑居ビルでの火災が大惨事となる潜在的なリスクを突きつけた。過去の大火災を機に防火規制は強化されてきたが、適用対象外となる古い建物では現行基準を満たしていないことも少なくない。規制と実態のズレを埋めるため、改修の促進など議論すべき課題は多い。

22日午前、北新地と並ぶ大阪の繁華街・ミナミの地上5階建て雑居ビルに大阪市消防局の職員3人が立ち入った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン