/

この記事は会員限定です

デジタル社会へ地ならし

マイナンバー活用など重点計画 アナログ規制5000を見直し

[有料会員限定]

政府は24日、デジタル社会実現のための重点計画を決めた。対面や書面、目視の手続きを課す約5000件のアナログ規制を3年以内に見直す。マイナンバーの用途拡大などと合わせ、2025年度までに社会のデジタル化の土台づくりを急ぐ。改革を骨抜きにしない推進力が試される。

デジタル庁の発足前の6月にまとめた計画に、今後5年間の取り組みの工程表などを加えた。核になるのは規制の見直しだ。

不動産や建設、医療など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン