/

タクシー、コロナ前の8割目指す

日本交通会長 川鍋一朗氏 配車アプリ普及、無駄に走らせず

[有料会員限定]

――度重なる緊急事態宣言で2021年は厳しい事業環境でした。22年の見通しや目標は。

「少なくとも20年や21年よりはいい年になるだろうと信じて進むしかない。21年8、9月が一番苦しかった。新型コロナウイルス前の19年に比べ半分程度の売り上げだった。10月になって7割まで戻った。22年は売上高を新型コロナ前に比べて8割にすることを考えている。新型コロナ禍でタクシー乗務員が2割近く減ったため、売り...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン