/

この記事は会員限定です

手術ロボ、執刀データが「肝」

医療機器最大手メドトロニック参入 名医の技術へ「頭脳」競う

[有料会員限定]

手術支援ロボットが本格的な普及期に入る。医療機器の世界最大手メドトロニック(アイルランド)が参入し、2022年にも日本で承認を得る可能性がある。「ダビンチ」が独占してきた市場に大手や異業種、新興勢が挑む。医師の執刀データの活用が差異化の肝となる。米グーグルも人工知能(AI)で医師の技を再現する研究を実施。競争の軸がハードウエアから「頭脳」に移る。

「いよいよ来たか」

ある手術支援ロボットメーカー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン