/

この記事は会員限定です

日本発、乳がん新薬に期待

半数以上の患者に適用の可能性

[有料会員限定]

乳がんの約2割を占める「HER2陽性」と呼ぶタイプの患者向けに優れた新薬が登場し、治療の状況を変えつつある。第一三共が開発し、国内では2020年5月に発売した「エンハーツ」を使うと、標準的な治療などが難しくなり、これまで打つ手が乏しかった患者の予後が改善できているという。「HER2陽性」患者以外や、治療の初期段階などで使うための臨床試験(治験)も進行中で、より多くの乳がん患者に使える可能性が出て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン