/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

年の瀬が迫ると耳に届く「火の用心」の掛け声。この言葉が広く使われるようになったのは江戸時代だという。都市化が進み大火が相次いだ。大阪で最悪の被害とされる「妙知焼け」(1724年)では、市中の3分の2にあたる約1万千軒が焼失した(新修大阪市史)。

▼時代を経て木造から鉄筋コンクリートに移っても、猛威を振るう火は恐ろしい。そのことをまざまざと知らしめた。大阪・北新地でおととい起きた火災で、20人以上が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン