/

この記事は会員限定です

ホンダ、鈴鹿工場1割減産

今月、部品調達停滞

[有料会員限定]

ホンダは18日、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)における12月の生産台数が当初計画に比べ約1割減るとの見通しを明らかにした。新型コロナウイルスの感染再拡大の影響により、半導体など東南アジアで製造される部品の調達が滞っているためだ。

ホンダは11月時点では国内生産が12月から当初計画通りになるとしていたが、鈴鹿製作所は1割減産せざるを得ない見通しとなった。鈴鹿では軽自動車「N-BOX」や多目的スポーツ車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン