/

この記事は会員限定です

専門家に聞く(3)人とロボット双方の強みで協働を

英オックスフォード大教授 マイケル・オズボーン氏

[有料会員限定]

――「米国の仕事の47%は機械で代替可能」という2013年の論文指摘は、世界に衝撃を与えました。

「当時よりはるかに不確かな時代になった。人工知能(AI)の分野を中心に、テクノロジーは進化を続ける。オンライン会議から食料品の配達に至るまで、自動化の流れも新型コロナウイルス禍で進んだ」

「多くの人が自動化が考えていたほど悪くはないことに気づいた。一方で、人と人との接触機会が減ったことで、資金不足か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン