/

この記事は会員限定です

緩和縮小、波乱の芽 マネー回収なら株・不動産逆風

新興国・過大債務企業・楽観的な市場

[有料会員限定]

量的緩和縮小(テーパリング)を加速する米連邦準備理事会(FRB)の政策修正は世界の経済や市場に与える影響が大きい。新興国は物価高への対処と同時に通貨防衛の観点から利上げを迫られている。低格付け企業には債務が積み上がり、株式市場には過熱感がある。金融政策は引き締めに向かうが、長期緩和に慣れきった経済と市場に波乱の芽がある。(1面参照

FRBが金融政策の正常化に一歩を踏み出すなかで、影響を最も受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン