/

この記事は会員限定です

日産、電池リサイクル新工場

25年度までに欧米で

[有料会員限定]

日産自動車は2025年度までに欧州と米国に車載電池をリサイクルする工場を1カ所ずつ新設する。レアメタル(希少金属)の取引価格が高騰しており、工場で加工した電池を電気自動車(EV)に再搭載することで製造原価を抑える。さらに電池は小型の蓄電池にも作り替え、家庭向けに販売を目指す。

日産は住友商事と共同出資する子会社のフォーアールエナジー(横浜市)と電池をリサイクルする。現在、福島県浪江町に拠点を構え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン