/

この記事は会員限定です

成城石井社長 原昭彦さん

「らしさ」貫き再編乗り切る(3)

[有料会員限定]
 晴れて成城石井に入社したが、自分の売り場のことで目いっぱいで苦い経験をする。

入社1年目の冬の出来事が今でも忘れられません。「焼き豆腐事件」です。担当する日配商品(豆腐や牛乳など毎日仕入れて販売する商品)で、焼き豆腐が夕方の前に売り切れました。売れ残るよりは良かったと思った直後に、精肉売り場の担当の先輩が「原君。こっちが困るよ。肉だけじゃない、白菜だって売れなくなるんだよ」。

「はっ」としまし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません