/

この記事は会員限定です

「教育研究の自治担保」 文科省会議、報告書提出後に会見

統治改革、私学は反発

[有料会員限定]

私立大学などを運営する学校法人のガバナンス(統治)を議論する文部科学省の専門家会議は13日、各法人の評議員会を「最高監督・議決機関」に格上げし、理事の選任・解任権を与えることなどを提言する報告書を末松信介文科相に提出した。

報告書を提出したのは「学校法人ガバナンス改革会議」で、現在は理事長の諮問機関である評議員会を学外者のみで構成するようにし、理事会に対する監視機能を高めることなどを柱とした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り465文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン