/

この記事は会員限定です

「荒れる市場」常態化の予兆

米株傾斜の個人に試練

[有料会員限定]

株式市場の価格変動リスクが高まっている。新型コロナウイルスやインフレの動向を巡って株価が大きく上下に振れ、「恐怖指数」の異名をもつ米VIX指数が跳ね上がる場面が目立ってきた。2022年に向け、経済とマーケットの正常化が招く「波乱の常態化」への備えが米国株に傾斜する個人マネーの正念場となりそうだ。

「世界的に株式のボラティリティー(価格変動率)が切り上がるのを覚悟しておく必要がある」。ピクテ投信投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン