/

この記事は会員限定です

ナノチューブで極小アンテナ

名古屋大など、自動車センサー小型化

[有料会員限定]

名古屋大学などは炭素素材「カーボンナノチューブ(CNT)」を使い、微小なアンテナを開発した。従来とは異なる原理でデータを受信し、一般に数センチメートル以上の大きさになるアンテナを目に見えないサイズまで小さくした。自動車のセンサーの小型化などにつながり、5~10年後をメドに商用化する。

あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」技術の拡大で、電子機器に多数のセンサーを搭載するようになった。セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン