/

この記事は会員限定です

荒れ相場、高配当株の強み

増配期待、運用収益下支え

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の出現で、株式相場は荒れ模様だ。先行きへの警戒感が強まる中、個人投資家を中心に高配当株への関心が一段と高まっている。不安定な相場環境でも株主還元が手厚い企業への投資で配当収入を確保すれば、運用収益を長期的に下支えする効果が見込めるためだ。こうした企業を見極める配当株投資のポイントを理解しておこう。

「コロナ相場の先行きは正直読めない。だから配当だけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン