/

この記事は会員限定です

アシックス、運動量解析で生産性改善

牛の歩行で繁殖期判別/倉庫作業員の最適配置 DXを後押し

[有料会員限定]

アシックスは2022年1月、人や動物の運動量を解析するデータビジネスに本格参入する。スポーツ用に開発したセンサーを酪農や工場に応用して生産性向上につなげる。機能を絞ることで誰でも扱いやすくし、デジタルに不慣れな農業や中小企業市場を開拓する。スポーツ市場は新型コロナウイルスの影響を受けやすいため、新事業での安定収益を目指す。

「この子は午後から、あの子は夕方から運動量が増えている」。神戸市の山あい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン