/

この記事は会員限定です

黒田「名総裁」評価は歴史が示す

[有料会員限定]

今年9月29日、黒田東彦日銀総裁の在任期間は3116日と、かつて「法王」と称された一万田尚登氏の記録を超えて歴代最長となった。

黒田総裁の8年半の評価は様々だ。よくある評価は、異次元の金融緩和で円高を回避し株価を上げたものの、肝心な物価目標を達成できずにいるという否定的なものだろう。異次元緩和という既存の金融政策の枠を逸脱したものであっただけに、伝統的中央銀行関係者の目からは意地でも成功と認めたく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン