/

中国Z世代、強まる「国産」志向

SNSで読むトレンド 日本企業、カギ握るファン作り

[有料会員限定]

中国の若者たちの生活に、化粧品や衣料品などの国産ブランドが浸透している。日本企業はこれまで「日本ブランド」で中国人の消費を取り込んできたが、現地ブランドが台頭し、中国市場での競争は激化する。日本経済新聞社と中国テック情報サイト「36Kr」は「最新SNSから読む中国の消費トレンド」がテーマの共同オンラインセミナーで、最新の消費動向を探った。

セミナーは11月25日に実施。登壇した中国のネットマーケ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン