/

この記事は会員限定です

気象減災へ人為的に介入

台風制御、川重や横国大研究 人工降雨、中国で干ばつ抑制

[有料会員限定]

異常気象などを人為的に操作して、自然災害を減らし、必要な雨を降らせる動きが世界的に活発になっている。日本では地球温暖化による台風の強大化を危惧し、勢力を弱めるプロジェクトが2022年から本格的に始まり、川崎重工業や横浜国立大学などが参加する見通し。海外では都市部の豪雨被害を避けたり、干ばつを防ぐために人工雨を降らせる取り組みなどが加速している。地域の気象特性に応じて災害被害を減らす狙いがある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン