/

この記事は会員限定です

熱海土石流、未必の故意捜査へ 殺人容疑の告訴状受理

[有料会員限定]

静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流で、起点となった土地の現旧所有者2人が十分な安全対策を取らないまま盛り土造成を続けたなどとして、犠牲者6人の遺族5人が熱海署に提出した殺人容疑の告訴状が6日、受理された。遺族の代理人弁護士が明らかにした。

現旧所有者に「住民が死んでも構わない」という未必の故意があったと立証できるかどうかが立件のポイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン