/

この記事は会員限定です

3回目接種前倒し 首相、午後に所信表明

賃上げ、環境整備に全力

[有料会員限定]

第207臨時国会が6日召集され、岸田文雄首相は午後の衆参両院本会議で所信表明演説に臨む。新型コロナウイルスワクチンの3回目接種は「8カ月を待たずに、できる限り前倒しする」と明言する。「民間企業の賃上げを支援するための環境整備に全力で取り組む」と説く。(関連記事総合面に

これまでの3回目接種は原則2回目から8カ月以上たった人が対象だった。承認予定の米モデルナ製ワクチンを活用する。コロナの変異型「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン