/

この記事は会員限定です

世界で台頭する「仮想学位」 遠隔教育で「即戦力」証明

飯吉透・京都大学高等教育研究開発推進センター長

[有料会員限定]

社会人教育のデジタル化が世界的に進む中で、学修歴の証しとして存在感を高めているのが「マイクロクレデンシャル」だ。この仕組みに詳しい京都大学の飯吉透・高等教育研究開発推進センター長(教授)に寄稿してもらった。

新型コロナウイルス禍という黒船の襲来により日本の大学でもオンライン授業が普及した。大学教育の新たな姿形について議論や検討が始まっているが、さらに大きなインパクトを世界の高等教育に与える可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン