/

この記事は会員限定です

発症初期の治療後押し

簡易検査で効率向上

[有料会員限定]

米バイオジェンとエーザイのアルツハイマー病新薬「アデュヘルム」は日本で承認申請中。だが南カリフォルニア大学と慶応大学の調査によると、仮にアデュヘルムが日本で承認されたとしても、2022年時点では患者が投与を受けるまでに10カ月間以上待つ可能性があるとする。

発症初期の患者を確定診断できる専門医不足に加え、現状可能な陽電子放射断層撮影装置...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン