/

この記事は会員限定です

人口の「重心」アフリカへ

経済けん引役へ脱皮課題

[有料会員限定]

世界の人口は早ければ21世紀半ばにも減少へと転じる。少子高齢化とグローバル化に伴って、今後の人口の減り方はまだら模様になり、旧来のものさしでは測れない変化をもたらす。国・地域での濃淡、人口構成や移民流入の変遷のデータから、「多数派」が変わり常識や秩序も揺らぐさまをひもとく。1面参照)

第2次世界大戦が終わると、人口爆発の波は欧米からアジアへと広がり、長らく経済成長の源にもなってきた。だがこれから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン