/

この記事は会員限定です

花田、優勝争いの軸 全日本相撲

川副も有力

[有料会員限定]

アマチュア横綱を決める相撲の全日本選手権が5日、東京・両国国技館で行われる。2年連続優勝が懸かる花田秀虎(日体大)、今年の学生横綱の川副圭太(日大)が優勝争いの軸となりそうだ。新型コロナウイルス感染拡大防止策として昨年同様、トーナメント戦のみで実施される。

185センチ、135キロの20歳、花田はスピードを生かした突き、押しやもろ差しでの寄りが持ち味。安定感が光り、正攻法を貫けば今年もチャンスは十...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン