/

この記事は会員限定です

米債が映す株安シグナル

[有料会員限定]

激動の一週間のトリを飾った11月の米雇用統計は、金融政策の正常化を後押しする内容と受け止められた。米債券市場では将来の景気が冷え込むとの見方から長期金利が低下し、短期金利との利回り差が縮小する流れが強まった。米債が発する景気の警戒シグナルを受け、米株式市場では買いをためらう投資家が増えている。

3日発表の11月の雇用統計は、失業率が4.2%と前月(4.6%)から大幅に低下した。半面、非農業部門の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン