/

この記事は会員限定です

国会議員の平均収入、3割減の3100万円

昨年、献金など縮小

[有料会員限定]

国会議員の資金管理団体と関係する政党支部が2020年に集めた政治資金を巡り、議員1人当たり実収入の平均額は3103万円で、19年から28.9%減少したことが3日、共同通信の集計で分かった。

20年に国政選挙がなかったことに加え、新型コロナウイルス禍による経済活動の停滞が影響した。政党別1位の自民党も4228万円で25.3%減だった。

衆参両院議員の収入総額は211億6296万円。参院議員に限ると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン