/

この記事は会員限定です

小型原子炉、脱炭素で機運

中ロが実用化、欧米も追う 安全性の検証なお課題

[有料会員限定]

日立製作所とゼネラル・エレクトリック(GE)の合弁会社が、カナダで次世代の原子炉、小型モジュール炉(SMR)を受注した。脱炭素に生かそうと世界で導入機運が高まる。SMRは既存の原発より安全性が高いとされる半面、新技術への裏付けや国際的な規制の枠組みも整っていない。本格的な普及への課題は多い。(総合2面参照

海外電力調査会によると、世界で開発中のSMRは73基ある。建設中から設計段階までさまざまだ。米国やロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン