/

この記事は会員限定です

上場5社に1社、最高益 今期399社に

海運や半導体目立つ オミクロン型の影響懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響が続くなか、稼ぐ力を高める企業が増えている。2022年3月期は上場企業の5社に1社にあたる399社が最高益となる見通しだ。経済再開が進み、コンテナ荷動きが活況な海運や半導体の業績が伸びている。商社や素材メーカーは資源高の恩恵も受ける。オミクロン型の感染地域が広がり、先行きには警戒感も広がっている。

3月期企業で業績予想を開示しており、継続比較が可能な1971社を日本経済新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン