/

この記事は会員限定です

緩和縮小、業績相場へ転換促す

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和縮小(テーパリング)を始めた。事前の情報発信は慎重で、市場に混乱はみられない。ただ供給されるマネーの縮小は、過剰流動性相場からファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に基づいて株価を評価する業績相場への転換を促し始めた。

米上場企業の2021年7~9月期純利益は前年同期比62%増と新型コロナウイルス禍前の水準を上回った。22年はインフレ動向が鍵とされる。米シェール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン