/

この記事は会員限定です

沖縄 ホテル開発の進路(下) 年間の需要、平準化必要

星野リゾート代表 星野佳路氏

[有料会員限定]

沖縄のホテル市場の浮沈を左右するのは新型コロナウイルス禍後を見据えた新たな観光戦略だ。客数を追う従来のやり方から脱却し、観光地としてどう発展させていくべきか。星野リゾートの星野佳路代表と、米ハワイ州観光局のミツエ・ヴァーレイ日本支局長に聞いた。

沖縄は観光需要を年間を通して平準化できていない問題がある。競合する海外リゾートは常夏のため、海に絞って見ると、冬がある沖縄は世界市場で見劣りする。

差別化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り541文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン