/

この記事は会員限定です

コウモリの腸を再現

東京農工大、感染症の起源を解明

[有料会員限定]

東京農工大学の大松勉准教授らはオオコウモリの細胞を立体培養して臓器の一部を再現した。ミニチュアの腸をつくってコウモリにいるウイルスを感染させたところ、ウイルスが増える様子を観察できた。コウモリはウイルスに感染しても病気を発症しない場合が多い。数々のウイルスが潜むコウモリの「ミニ臓器」を使って実験をすれば、ヒトに感染する仕組みの解明や治療薬の開発につながると期待している。

オオコウモリの仲間はエボラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン