/

国産技術で魚をゲノム編集

大学発新興2社とF&LC

[有料会員限定]

京都大学発スタートアップのリージョナルフィッシュ(京都市)などは遺伝子を効率よく改変するゲノム編集の国産技術を用い、魚を品種改良する共同研究を始めた。広く用いられる海外発の技術と異なり、生物多様性に関する規制に対応しやすくなると見込む。早ければ数年後に新品種を作り出したい考えだ。

研究を始めたのはリージョナルフィッシュと広島大発スタートアップのプラチナバイオ(広島県東広島市)、回転ずし「スシロー...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません