/

この記事は会員限定です

勤め先選ぶ条件は

「社会貢献度」意識強く

[有料会員限定]

SDGsへの関心が高まるなか、企業は社会課題を解決する役割を期待されるようになってきている。働く側としても、社会に貢献する仕事をしているかどうかは就職先や取引相手として選ぶ際の条件として重みを増している。

就職情報大手のディスコ(東京・文京)が2022年3月に卒業予定の学生を対象にした調査によると、就職先企業を決めた理由(30項目から5つまで回答)で最も多かったのは「社会貢献度が高い」で34%。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン