/

この記事は会員限定です

商品の「背景」見抜かれる

マクアケ共同創業者、取締役 坊垣佳奈氏

[有料会員限定]

これまでの大量消費の時代には、消費者は商品を誰が、どのような過程でつくったか完全には理解していなかった。実店舗の商品売り場に掲載できる情報量に限りがあったという事情もある。企業がマスに向けて情報を一方的に発信し、消費者がそろって同じ商品を消費していた。

この商品の流通構造がインターネットの登場で変わった。ネット上は情報量に制限がない。SNS(交流サイト)の登場もあり、商品に関するより深い情報や、第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン