/

この記事は会員限定です

ブルー水素開発に力

サウジアラムコ社長兼CEO アミン・ナセル氏

[有料会員限定]

石油の需要は健全だ。国際エネルギー機関(IEA)の予測では、2021年第4四半期の需要は1日当たり約9900万バレルと言われている。22年は1億バレル以上と見込まれる。一方、石油への投資が世界で不足していることもあり、供給量は若干不足する。今の原油相場はこうした状況を反映している。

サウジアラムコは現在、1日1200万バレル生産できる。原油の生産についてはエネルギー省から毎月、指導を受けている。追...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン