/

この記事は会員限定です

専制政治に傾くBRICs

ジャーナリスト ウィリアム・ペセック氏

[有料会員限定]

米金融大手ゴールドマン・サックスのエコノミストだったジム・オニール氏が、「BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)」という言葉を初めて使ってから20年がたった。国際的な経済危機などもあり、新興4カ国は、世界の姿を大きく変えるような存在にまではなっていない。

BRICs経済が主要7カ国(G7)をしのぐという構想を覆したのは、称賛や成功はつかの間だということを忘れてしまう人間の習性だったようだ。共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン