/

この記事は会員限定です

ドイツ、2月にも接種義務 欧州、オミクロン型拡大で規制強化

未接種者、飲食など入店禁止

[有料会員限定]

ドイツのメルケル首相は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、ワクチン未接種者の小売店や飲食店への入店を禁止するなど行動を大幅に制限すると発表した。ワクチン接種の義務付けも、連邦議会での議論を経て2022年2月にも実施される見込みだ。欧州は新たな変異型「オミクロン型」の感染が急速に増えており、各国は対応を急ぐ。

関連記事総合面に

メルケル首相と各州首相が合意した。ドイツでは1日あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン