/

この記事は会員限定です

産油国増産維持、米との摩擦回避

オミクロン型には警戒

[有料会員限定]

石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどを加えた「OPECプラス」が現行の原油増産ペースを維持するのは、増産を訴えてきた米国など消費国との摩擦を避けるのが得策と踏んだためだ。消費国の備蓄放出や、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」で需給が緩む懸念があったが、増産停止には踏み込まなかった。原油市場は早速、売りで反応した。

1面参照

米国が主導した備蓄放出の発表直後に増産停止を打ち出せば、消費国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン