/

この記事は会員限定です

トヨタの欧州販売車、2035年に排出ゼロ

EU環境規制に対応

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】トヨタ自動車は2日、2035年までに西欧で販売する新車の二酸化炭素(CO2)排出をゼロにすると発表した。販売するすべての車を電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)に切り替えるもよう。欧州連合(EU)が35年に域内で新車が排出するCO2をゼロにすることを義務づける案を7月に出しており、これに対応する。

トヨタは西欧ではこれまで30年に新車販売の4割をEVなどCO2を出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン