/

この記事は会員限定です

女子テニス、対中国でスポーツ界に一石

中国ツアー全て停止 IOCは批判に及び腰

[有料会員限定]

女子テニス協会(WTA)は2日、中国国内(香港を含む)で開催予定のWTAツアーを全てキャンセルすると発表した。中国選手の彭帥さんが中国共産党元幹部から性的被害を受けたと告白した後、消息不明となっていた件で、WTAは中国に公正な調査を強く要求してきた。一方、北京冬季五輪開催を控える国際オリンピック委員会(IOC)はこの問題から距離をとる。スポーツ界は資金力を背にした中国とどう向き合うか問われている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン