/

この記事は会員限定です

障害者、アプリが手助け 首都圏で活用 公共サービス使いやすく

駅で音声案内/手話を文字に

[有料会員限定]

障害者の日常生活を円滑にするため、スマートフォンやパソコン(PC)のアプリを活用する自治体が首都圏で相次いでいる。駅構内で進路を音声で案内したり、役所の窓口で手話を文字情報に変換したりして、障害者が公共サービスを利用しやすくする。企業や大学と連携し、使い勝手の向上にも取り組んでいる。

東京都豊島区では視覚障害者向けの移動支援アプリ「shikAI(シカイ)」を導入した。同アプリは東京地下鉄(東京メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン