/

(中国人消費SNS分析) ネット商戦で「低炭素推し」

サイトで発信、消費者に浸透

[有料会員限定]

11月に中国では年間最大のインターネット通販商戦「独身の日(ダブルイレブン)」が行われたが、今年は例年と様相が異なった。恒例の「独身の日」前夜祭カウントダウンイベントや「戦況報告」といわれる商戦途中の売上額の告知もなく、国内外のメディアを戸惑わせた。

結果としてはアリババ傘下のネット通販、「天猫(Tモール)」では5403億元(約9兆6000億円)と、過去最高の取引総額を記録したが、やはり何か静か...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン