/

この記事は会員限定です

スペシャルオリンピックス日本 理事長 有森裕子さん

社会との伴走問い続け(4)

[有料会員限定]
 2時間26分39秒。有森裕子さんのマラソンの自己ベストは、実は2つ目の五輪メダルを取ったアトランタの3年後、1999年のボストンマラソンで3位になった時のことだ。アトランタの記録より丸2分速く走った。

ボストンは私にとって最も重要なターニングポイントです。それぐらい大きなレースでした。ボストンで結果を出していなかったら「走ることは仕事です」とは言えなかった。賞金ももらい、公にもプロとしての実績...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン