/

この記事は会員限定です

「版画の父」魯迅を再発見

中国

[有料会員限定]

「阿Q正伝」「狂人日記」などの作品で現代中国を代表する小説家、魯迅を、中国の木版画に革新をもたらした「版画の父」として再評価する動きが広がっている。上海市は生誕140年を記念し、魯迅が版画の講習会を開いた旧跡を展示館としてオープンした。文学者魯迅の知られざる一面を学ぶ中国の市民でにぎわっている。

上海市政府は9月、市中心部に近い虹口区に「木版画講習会旧跡展示館」をオープンした。1階は魯迅が手掛けた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1639文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン