/

この記事は会員限定です

欧州、同意取得方法も厳格

閲覧履歴の外部提供、丁寧な説明課題

[有料会員限定]

総務省がインターネットの閲覧履歴データの第三者への提供を利用者が止められる仕組みを事業者に義務付ける。今は海外より規制が緩いとされている。日本の個人情報保護法では、閲覧履歴のデータだけでは個人情報に該当しない。同意なくデータが活用されている例が多い。(1面参照

欧州連合(EU)の規則案は、クッキーを使って第三者にデータが提供されるウェブサイトの管理者らに対し、利用者からデータ活用の同意を取ること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン